捕鯨関係団体から調査捕鯨に関する要望

2014_0611_2.jpg

調査捕鯨の継続的な実施求める

6月11日(水)、公明党の捕鯨を守る議員懇話会(江田康幸会長=衆院議員)は、衆院第2議員会館で日本捕鯨協会(山村和夫会長)など捕鯨関係団体から、調査捕鯨に関する要望を受けました。

冒頭、私は先に捕鯨基地の一つ、宮城県石巻市の鮎川港を視察したことを報告。国際司法裁判所(ICJ)による南極海での調査捕鯨の中止判決を受け、北西太平洋での調査捕鯨が危ぶまれていたが継続できたとし、順調に調査が進んでいると指摘しました。

この後、山村会長らは、来年度以降の調査捕鯨の継続的な実施に向け、国が体制を構築することなどを求めました。



関連記事

  1. 党栃木県・茨城県・宮城県等大雨災害対策本部で緊急要望

  2. 水産業の競争力強化へ ~全漁連から要請受ける

  3. 西川福井県知事から「北陸新幹線の早期完成・開業に関する要望」

  4. 「復興へ支援さらに」北海道・東北・北陸3経済連合会から要望

  5. 「骨太方針」策定で竹中経財相に申し入れ

  6. JR北海道労組から要請