「北陸新幹線 整備促進を」北陸新幹線建設促進同盟会から要望

2014_0528_3.jpg

5月28日(水)、衆院第1議員会館で北陸新幹線建設促進同盟会(石井隆一会長=富山県知事)と地元経済団体などから、北陸新幹線の整備促進に関する要望を受けました。これには、漆原良夫国会対策委員長も同席しました。

席上、石井会長らは、今年度末を予定している北陸新幹線の長野―金沢間の開業を確実に実現するよう主張。また、2025年度の開業を見込む金沢―敦賀間の工期短縮、新幹線の開業に伴う並行在来線への支援などを求めました。

私は、工期短縮や必要な財源確保に努め、地元に経済効果を及ぼすことができるよう「知恵を絞って(整備促進)に取り組んでいく」と応じました。漆原国対委員長は「地元と思いを共有したい」と述べました。



関連記事

  1. 各種団体から要望

  2. JA全中会長と沖縄県知事からTPP反対の要請

  3. 北陸新幹線全線早期整備を―富山、石川、福井県知事らから要望受ける―

  4. 「女性リーダーの拡大を」末松副大臣から要請

  5. 「復興支援強化など一致」日弁連と要請懇談会

  6. 各種団体からの予算・税制ヒアリング 始まる