「北海道石炭対策連絡会議」から炭鉱技術海外移転事業で要望

2014_0416.jpg

4月16日(水)、衆院第1議員会館で「北海道石炭対策連絡会議」(代表世話人=高橋はるみ道知事)から炭鉱技術の海外移転推進に関する要望書を受け取りました。これには、石井啓一政務調査会長、佐藤英道・道本部代表代行のほか、安藤邦夫道議、月田光明・釧路市議らが同席しました。

連絡会議の山谷吉宏・道副知事らは、2012年度から3年間の期限付きで実施している、炭鉱技術者を海外派遣したり、海外から研修生を受け入れたりして、日本の優れた石炭採掘・保安技術を伝える事業を継続するよう求めました。

これに対し私は「技術移転は、他国との友好関係強化の意味でも重要」と述べ、前向きに取り組む考えを示しました。



関連記事

  1. 全漁連等から緊急要望

  2. 「まちづくり三法見直し」を北側国交相に申し入れ

  3. 「地域主権型道州制」道州制推進連合から要望

  4. 連合から政策課題について要望

  5. 社会保険・厚生年金病院の存続に関する要望

  6. 「復興加速へ協力確認」佐藤福島県知事から要請