「雇用安定へ支援訴え」連合から要望

2013_1211.jpg

連合が予算要望

12月11日(水)、衆院第2議員会館で日本労働組合総連合会(連合)の神津里季生事務局長らと会い、2014年度予算編成・税制改正などについて要望を受けました。これには、石井啓一政務調査会長も同席しました。

連合側は雇用の安定と公正労働条件の確保のほか、暮らしの安心確保へ消費生活センターの体制・機能強化などを要請。全世代支援型の社会保障制度の推進なども申し入れました。

神津事務局長は、政府の各種諮問会議に労働側のメンバーが加わっていないことに懸念を示し、「近年、格差は開く一方だった。これをどう押し戻すかが、経済の好循環につながる」と支援を求めました。私は「実際に働いている人の立場は大事だ」と応じました。



関連記事

  1. 水産業の競争力強化へ ~全漁連から要請受ける

  2. 高層住宅管理業協会から要望

  3. 北海道新幹線について要望受ける

  4. 「復興予算 使い道を適正化せよ」党対策本部が政府に緊急提言

  5. 「社労士の活動拡大へ」社労士団体から要望

  6. 経団連などから税制改正要望を受ける