交付税の確保を谷垣禎一財務相に要請

 12月15日(水)、財務省に谷垣禎一財務相を訪ね、来年度の地方交付税について申し入れをしました。これには、山口那津男、桝屋敬悟、石田祝稔、福島豊、風間昶、沢雄二の衆参国会議員も出席しました。


 この日の申し入れでは、地方分権を確立し、行財政改革の実効をあげるためには、国と地方の信頼関係が重要と指摘。財務省による交付税削減で地方の基金が底をついている現状から、来年度の地方交付税には、今年度以上の総額を確保するよう強く求めました。



関連記事

  1. TPPについてJA全中から要請

  2. 18都道府県から整備新幹線の要望受ける

  3. 「電機産業の現状と振興策について」電機連合から要望

  4. ADR機関の利用訴え 社労士連盟から要望

  5. 脳外傷・高次脳機能障害団体と共に大臣要請

  6. 北陸新幹線全線早期整備を―富山、石川、福井県知事らから要望受ける―