「北陸新幹線の整備促進」について同盟会から要請

2012_0605_2.jpg

6月5日(火)、衆院第2議員会館で「北陸新幹線建設促進同盟会」(石井隆一会長=富山県知事)らから、北陸新幹線の整備促進についての要請書を受けました。

石井会長らは、北陸新幹線の全線整備に向けて(1)長野―敦賀間の整備促進・開業と敦賀―大阪間の整備方針の明確化(2)地方自治体の負担軽減(3)並行在来線への支援―など6点を求めました。

私は、災害に強い安全・安心な国土づくりの観点からも重要との認識を示し、「一日も早く開通できるように取り組む」と述べました。



関連記事

  1. 「漁業・漁村の活性化を」青森県漁連から要望

  2. 各種団体からの予算・税制ヒアリング 始まる

  3. 南東北の交通網整備を国交大臣に要請

  4. 「仮払いは国の責任で」福島県知事から緊急要望

  5. 住宅税制で日本経済団体連合会から要望

  6. 「幹線道路網の整備促進」函館市長から要請