「新幹線の早期整備を」整備新幹線関係期成同盟会から要望

20111116.jpg

11月16日(水)、衆院第2議員会館で、整備新幹線関係18都道府県期成同盟会から、新幹線整備の財源確保などについて要望を受けました。私とともに漆原良夫国会対策委員長、石井啓一政務調査会長のほか、赤松正雄、江田康幸、稲津久の各衆院議員が同席しました。

席上、同盟会側は、災害に強い国づくり、経済再生に向けて整備新幹線を早急に整備する必要があるとし、未着工区間(北海道、北陸、長崎)について、今年度予算で留保されている90億円の活用を含めて今年度中の認可・着工を求めました。

私は「新幹線の優位性は地域活性化、危機管理の観点で極めて重要である。一日も早く皆さまの思いを実現するため、党としてしっかり取り組んでいきたい」と述べました。



関連記事

  1. 根本復興相に子ども・被災者支援法の基本方針策定に関する申し入れ

  2. 「福島復興の展望を」佐藤福島県知事から要望

  3. 「子ども・子育て支援」で政府委員から要望

  4. 「南海トラフ地震」自公・衆院に特措法案提出

  5. 「損害賠償を迅速に」日本商工会議所から要望

  6. 党農水部会で若林農水相に申し入れ