ADR機関の利用訴え 社労士連盟から要望

2011_1108_2.jpg

 11月8日(火)、私が会長を務める公明党の社会保険労務士議員懇話会は、参院議員会館で全国社会保険労務士政治連盟(堀谷義明会長)と全国社会保険労務士会連合会(金田修会長)から要望を受けました。これには、山口那津男代表らも同席をしました。

 堀谷会長らは、裁判外紛争解決手続き(ADR)機関が全国で39カ所開設されていることを紹介。法サービスを国民に普及する観点から、運営費についての支援を要請するとともに、「国としてADR機関の利用を促す広報を」と訴えました。このほか社会保険労務士法に関して(1)社労士の活動分野の拡大(2)1人法人制度の実現―などを進める改正を求めました。

 私は「実現のために頑張りたい」と述べました。



関連記事

  1. JA全中会長と沖縄県知事からTPP反対の要請

  2. チリ地震津波対策を官房長官に申し入れ

  3. 社会保険・厚生年金病院の存続に関する要望

  4. 農水委員会で米価下落への対応を求む

  5. 児童デイサービスの利便性向上を!西博義副大臣に申し入れ

  6. 「南海トラフ地震」自公・衆院に特措法案提出