高層住宅管理業協会から要望

2010_1214.jpg

 12月14日(火)、私が会長を務める公明党マンション問題議員懇話会は、衆院第2議員会館で高層住宅管理業協会の黒住昌昭理事長らと懇談し、同協会が取り組んでいる様々な課題について要望を受けました。

 席上、黒住理事長らは建物の共用部分の管理だけでなく、「住まいに関する(総合的な)提案もしていく」と述べ、住生活の総合サービスを提供していく同協会の方針を説明。また、居住者の高齢化に配慮し、マンションを長寿化していく必要性を指摘。その上で、長期修繕を円滑に進めるため、「マンション維持修繕技術者」の積極的な活用に支援を求めました。



関連記事

  1. 衆院議長へ「国会正常化」を申し入れ

  2. 現場の声を予算・税制に

  3. 「復興支援強化など一致」日弁連と要請懇談会

  4. 「南海トラフ地震」自公・衆院に特措法案提出

  5. 口腔ケアの普及を厚労省に要望

  6. 「復興へ支援さらに」北海道・東北・北陸3経済連合会から要望