テレビ朝日系報道番組「サンデープロジェクト」に出演

 5月29日(日)、テレビ朝日系報道番組「サンデープロジェクト」に与野党の政策責任者と共に出演し、「靖国問題」「郵政民営化関連法案」などの問題について見解を述べました。


 私は、小泉首相の靖国陣者参拝について、「日中関係をこれ以上悪化させるべきではない。公明党の神崎代表、冬柴幹事長も(参拝を)自粛すべきだと申し上げている。それを踏まえて、小泉首相は判断すべき」と強調した上で、「被害を与えた国民感情に配慮してやめるべき」との見解を示しました。
 また、郵政民営化法案をめぐり民主、社民両党が審議拒否を続けている問題について、「なぜ民営化なのか、法案の中身はどうなのか、ということは国会の議論の中で初めて分かることだ」と審議拒否ありきの姿勢を批判するとともに、両党が衆院郵政民営化特別委員会をボイコットするだけでなく、衆参両院のすべての委員会で審議をストップさせていることについて、両党の対応を厳しく指摘しました。



関連記事

  1. テレビ朝日系の報道番組「サンデープロジェクト」に出演

  2. 公約実現 大きく前進 ~公明新聞インタビュー

  3. テレビ朝日系「サンデーフロントライン」に出演

  4. 「報道2001」で税制改正について見解

  5. 改憲議論、防災減災について語る ~河北新報インタビュー

  6. 「経済を再生、復興加速」衆院選勝利受け公明新聞インタビュー