安定政権の継続必要 ~討論番組に出演

7月3日(日)午前、私は与野党の幹事長・書記局長らとフジテレビ系「新報道2001」とNHK「日曜討論」に出演し、10日の投開票まで残り1週間となった参院選について、「安定政権の継続で、いまだ(アベノミクスの)成果が及んでいない中小企業や地方、家計に経済(成長)の果実がしっかり行き渡るようにしていくことを訴えたい」と強調しました。

冒頭私は、バングラデシュの首都ダッカで起きたレストラン襲撃事件で、日本人7人が死亡したことに触れ「痛恨の極みであり、改めてお悔やみ申し上げたい。負傷された方の一日も早い回復を祈っている」と述べました。

参院選については、世界経済の不透明感が増し、国内では人口減少や高齢化への対応が迫られる中で、今こそ政治の安定が求められると強調。さらに、「参院で与野党が逆転して政治が不安定になることがあれば、日本にとって極めて深刻な状況になる」と力説しました。連立政権での公明党の役割については、「『小さな声を聴く力』と言っているが、幅広い民意をきちんと政権運営に反映する役割を理解していただきたい」と訴えました。

一方、財政再建に向けては、基礎的財政収支(プライマリーバランス)を2020年に黒字化するとの目標へ引き続き努力すべきだと主張。「行政改革はしっかりやらないといけないが、経済と財政は車の両輪だ。今後も経済成長へ成長戦略などをきちんとやっていくことに尽きる」との認識を示しました。



関連記事

  1. 早期成立こそ景気対策 ~2017年度予算案の衆院通過を受け記者団に

  2. NHK番組「日曜討論」に出演

  3. 来年度与党税制改正大綱についてインタビュー

  4. テレビ朝日報道番組に出演

  5. NHK番組「日曜討論」に出演

  6. 2008年度税制改正大綱のポイントについて公明新聞のインタビューを紹介…