テレビ朝日報道番組に出演

11月22日(木)、テレビ朝日の報道番組「ワイド!スクランブル」に出演し、デフレ脱却に向けた金融緩和策について「ぜひやらないといけない」と力説し、「政府と日本銀行が物価目標とデフレ脱却への期間で協定を結んで共有し、具体的な金融緩和策は日銀の自律性にある程度任せるべきだ」と訴えました。

その上で、「どれだけお金が市場に出ても、それを使う設備投資や個人消費が伸びなければ意味がない」として、公明党が提唱する防災・減災ニューディール政策など需要創出策の重要性を強調しました。

また、原発・エネルギー政策については「原発に依存しない社会をめざす」と表明し、「再生可能エネルギーの開発・普及や省エネ、火力発電の高効率化などをギリギリまで追求しつつ、電力供給のコストと安定性を勘案し、5年でも10年でも早く原発ゼロにできる状況をつくりたい」と述べました。



関連記事

  1. 2008年度税制改正大綱のポイントについて公明新聞のインタビューを紹介…

  2. 公明新聞「全力投球!国会議員リポート」

  3. 東日本大震災の発災から3年半 公明新聞インタビュー

  4. 活力ある未来 切り開く ~通常国会開幕、公明新聞インタビュー

  5. NHK日曜討論で税制改正について見解

  6. 「骨太の方針2006」のポイントについて公明新聞のインタビューを紹介し…