新年の決意


公明新聞1月1日号に、党地域活性化推進本部長としての「新年の決意」を書きましたので、転載いたします。



「過疎集落」振興へ提言



 中央と地方、また地方間での経済格差が鮮明になっています。特に、住民の高齢化が著しく、消滅の危機にある「過疎集落」の状況は深刻です。このため、今後の産業政策では「地方が国を再生する」と発想を転換することが必要です。

 この観点から、対策本部としては昨年秋以来、全国各地を飛び回り、地域の課題や解決策を探るため、住民とひざ詰めの対話を行なってきました。これを踏まえ、昨年11月には、農商工連携の促進や小学生が農村漁村で宿泊体験を行なうプロジェクト推進など、具体的な活性化策を首相に申し入れました。

 本年は、これらの実施の推進に総力を挙げます。又、昨年実施した過疎集落の全国調査を踏まえ、政府に提言するなど、過疎集落支援に向けた動きをさらに加速させていく方針です。






関連記事

  1. 「一体改革法成立」公明新聞からのインタビューを紹介

  2. 公明新聞インタビューを紹介「大震災と公明党」

  3. 生活者の“安心”を拡大 ~公明新聞インタビュー

  4. CV-Mix シーブィミックス」よりインタビュー取材

  5. NHK政治マガジン「永田町・霞が関のサラめし」に掲載

  6. 「社会保障改革」について公明新聞のインタビューを紹介します