衆院予算委での質疑(要旨)

2010_0122_2.jpg

 井上義久 首相の元秘書が偽装献金疑惑で起訴されたのは前代未聞で責任は極めて重い。政治資金収支報告書に虚偽記載するというのは、「5年以下の禁固または100万円以下の罰金」であり非常に重い罪だ。公判が終了して元秘書が有罪になった場合、公民権停止になる。(秘書と同じく)公民権停止でバッジを外すことになる。それほど重い罪だと認識しているのか。首相はかつて「秘書が犯した罪は政治家が罰を受けるべき」「秘書が法を犯した場合、国会議員のバッジを外す」と明言しており、どう責任を取るのか。

2010_0122_3.jpg

 鳩山由紀夫首相 秘書と政治家が同罪であることを、論理的に申し上げているわけではない。政治家が何らかの責任を感じるのは当然だと思っている。

 井上 首相には母親から12億円を超える贈与があった。年間1億8000万円、月1500万円、1日に換算すると50万円だ。これだけ多額のお金をもらっておいて「知らなかった」というのは国民の常識ではあり得ない。首相は贈与だと認めて税の申告をしたが、国民から見れば脱税そのものだ。国民の納税意識に極めて重大な影響を与える。巨額の金を何に使ったのか。使途を国民の前に明らかにする必要がある。

 首相 資料が検察から返ってきた段階で、事務所費など皆さんに伝えることができると思う。

 井上 小沢幹事長の資金管理団体の土地取引をめぐる問題で、元秘書だった石川知裕衆院議員ら3人の逮捕まで発展した。まず小沢幹事長本人が説明責任を尽くし、党自体が自浄能力を発揮し、党内できちんと調査して結果を公表すべきだ。

 首相 検察が調べている最中である。見守りたい。

 井上 公明党は昨年11月、秘書などの会計責任者が虚偽記載などの違法行為を行った場合、その監督責任のある政治家も公民権を停止させる政治資金規正法改正案を提出した。ぜひ実現してほしい。

 首相 前向きに検討すべきと思うが、政治家の身分に関する話なので、政党同士で議論し結論を出していただきたい。

 井上 公明党は企業団体献金の禁止をマニフェストに掲げた。民主党も衆院選前に法案を出しており、今国会にも出してほしい。賛成する。


景気・経済
格差是正など3つの視点

 井上 中長期的な日本経済のあり方を考える上で、三つの視点が必要だ。

 一つは「格差の是正」の視点。税制や社会保障を通じた所得再配分機能を強化する必要がある。給付付き税額控除も必要だ。また、真正面から貧困問題に取り組み、生活保護に至る前に、「第2のセーフティーネット(安全網)」をつくることも重要だ。

 二つ目は「パイ(経済の規模)の拡大」。パイを増やすため、成長戦略が求められる。環境は、一つの大きな柱である。また、アジア全体の中の日本という視点を強く持って、戦略的に進めていかなければならない。

 三つ目は「国のカタチを変える」視点。これからは地方の個性を生かした国づくりが重要で、地方分権は欠かせない。わが党は地域主権型道州制の実現を最終目標に置いている。その前提として国の役割を見直し、効率的な政府に向けた行政改革を進めていくことや、地域のコミュニティー(共同体)を再生していく仕組みをつくる必要があると考えている。

 首相 (これまでの経済政策が)供給サイドという発想から考えられていたのを、これからは、需要から成長をつくり出していく発想が必要だ。

 井上 鳩山政権の経済財政運営は、(民主党の)マニフェスト実現が至上命題になっていて、中長期的に見て整合性が取れているのか、ちぐはぐだ。将来の姿がはっきりしないため、国民の間に不安が広がっている。

 どのような税体系をめざしているのか。成長戦略の目標や財政健全化への道筋はどうなるのか。国債の増発は今後も続くのか。子ども手当などの財源はどうするのか。こういう国民の不安に対し、首相はどう認識しているのか。

 首相 今年半ばに、工程表も含めて成長戦略を決める。

 井上 鳩山内閣の経済情勢に対する判断の甘さが経済対策を遅らせたが、本年度第2次補正予算案の中身については、エコポイントの継続やエコカー補助金など、わが党が従来から主張してきたものが盛り込まれており、一定の評価はする。エコポイントやエコカー補助金は必要に応じて延長する必要があると思うが。

 直嶋正行経産相 今後どうするかは経済状況を見ながら判断したい。

 井上 現場を回ってみると「仕事がない」「仕事が欲しい」という声が強い。それに応える必要がある。そういう意味では、今回の第2次補正予算案は、私どもは「遅きに失した」と思っているが、国民生活への影響も考えて、早期に結論を出して執行されるようにすることが必要だと思っている。


介護問題
処遇改善 交付金の拡充、恒久化を

 井上 介護保険制度施行から10年を迎え、介護現場では深刻な問題が山積している。公明党は、全国3000人を超える議員が一丸となって昨年11月から「介護総点検」を行い、10万件を超える介護現場の貴重な声を聞くことができた。現在、分析を進めており、2月中には公明党独自の新介護プランをまとめる。

 介護総点検を通じて浮き彫りになったのは、施設が圧倒的に不足しているということだ。例えば、福岡県で、クモ膜下出血で倒れた母を在宅で3年半介護した女性は、ギックリ腰を患い、毎夜のトイレ誘導でご主人も本人も限界を超えた。最終的に母親は有料の介護施設に入ったが、支払いは月15万円を超え、家計に重くのしかかった。特養ホームに申し込んでも「200人以上待ち」と言われた。

 このような全国の特別養護老人ホームの入所待機者は42万人。認知症高齢者の急増に対しても圧倒的に施設が足りない。

 65歳以上の高齢人口がピークとなる2025年までに、特養ホーム、老健施設などの介護3施設を倍増、グループホームなどは3倍程度まで増やす緊急整備を提案したい。

 首相 公明党が介護総点検で実態調査をしたことに心から敬意を表する。大変、大事な調査だ。ぜひ最終的な結果が出たら拝見させてほしい。介護基盤の整備に関して、加速度的に増やすよう全力を挙げたい。

 井上 総点検の結果では、高齢者が介護を受けている場所の7割強が自宅。潜在的には、病院や介護施設よりも、住み慣れたわが家で介護を受け続けたいと願う高齢者が多い。しかし、介護する家族側が限界に達し、「高齢者虐待」や「介護うつ」「老老介護」も深刻だ。家族が休息を取れるよう、ショートステイやデイケア、病院で短期間預かるなどの「レスパイト(休息)事業」の大幅な拡大が必要だ。

 長妻昭厚生労働相 在宅介護のサポートは重要。予算を付け、ショートステイなどを強化する。

 井上 介護職の人は仕事にやりがいを感じており、「働ける限り続けたい」と答えた人が7割に上る。ところが、「心身の負担が大きい」「業務内容に対して収入が低い」と答えた人は8割以上で、介護職の待遇改善は重く受け止めなければならない。

 ある女性から手紙をいただいた。非常勤の職員として17年働き、介護福祉士の資格も取って正規職員と全く同じ仕事をしてきた。ところが昨年のボーナスは正規50万円、非正規は3万円。「ぜひとも同一労働、同一賃金の社会を実現してほしい」という訴えだった。

 ぜひ、処遇改善交付金制度の拡充と恒久化、介護職員の大幅な給与アップにつながる介護報酬の引き上げにも取り組むべきだ。

 厚労相 4年間で交付金制度を恒久化し、月4万円程度の報酬を確保したい。


貧困・格差問題
第2の安全網(セーフティーネット)つくれ

 井上 貧困・格差の実態を認識し、解決していくことは政治の最重要課題だ。長引く不況に、少子高齢化に伴う社会保険料の負担増も重なり、生活が厳しくなっている。

 現行のセーフティーネット(安全網)には、年金や医療、介護、雇用保険、さらに公営住宅などがあり、最後のセーフティーネットとして生活保護がある。しかし、無年金・低年金の高齢者や高額医療費に苦しむ患者、非正規雇用の拡大で、雇用保険に加入できず、失業手当などを受けられない方が増えている。

 現行制度で救済できない場合は生活保護に頼らざるを得ないが、現行制度と生活保護をつなぐ、第2のセーフティーネットを作るべきではないか。

 無年金・低年金対策では、年金保険料の事後納付期間の2年から5年への延長と、現行25年の受給資格期間の10年への短縮を、公明党は何度も主張。直ちに行うべきではないか。

 厚労相 第2のセーフティーネットというのは全く同感だ。無年金対策は、過去10年まで遡って納めていなかった国民年金保険料を払えるよう、法案の提出を検討している。

 井上 保険料を遡って納めるのは、支払い能力がない方には難しい。また、受給資格を得たとしても低年金の問題は残る。公明党は、低所得者に対して年金額を25%加算する「年金加算制度」の創設を提案している。ぜひとも先行して実行してもらいたい。

 首相 大事なことだと思う。厚労相と相談したい。

 井上 高額療養費制度の自己負担限度額は、収入に応じて区分されているが、「一般」に該当する低所得者には非常に負担が重い。70歳未満の方の「一般」の区分を二つに分け、収入の少ない方の自己負担限度額を引き下げてはどうか。

 首相 重要な課題だ。安心して医療を受けられるよう十分に検討したい。

 井上 公明党は与党時代、職業訓練中の住宅費などの生活費を保障する「訓練・生活支援給付」を創設した。生活保護受給者は増え続けており、職業訓練の受け皿も拡大すべきだ。

 また、来年度までは実施される予定だが、第1次補正予算の執行停止で11年度実施分の予算が削られた。この制度を恒久化して、新たなセーフティーネットの一環として確立すべだ。

 厚労相 11年度から恒久的措置として実行したい。



関連記事

  1. 衆院代表質問(要旨) 2010年6月14日

  2. 「菅首相は直ちに辞任を」不信任決議案で賛成討論

  3. 衆院本会議で代表質問

  4. 衆院本会議代表質問(要旨) 平成22年10月7日

  5. 衆院予算委員会で質問

  6. 第176回国会 衆院本会議 所信表明演説に対する代表質問 全文