「内部障害者対策」と「高次脳機能障害(脳外傷)者対策」について決算委員会・第三分科会で質疑



 6月5日(月)、決算行政監視委員会・第三分科会(厚生労働省所管)で質問しました。分科会は予算委員会と同じく、省庁別の決算に関わる事項を審議する場で、今回私は「内部障害者対策」と「高次脳機能障害(脳外傷)者対策」について30分質問しました。



【内部障害者対策について】

 昨年2月の衆院予算委員会で取り上げた「ハートプラス・マーク」によって、徐々に内部障害者に対する社会的認知も向上しつつある実情を踏まえ、具体的な内部障害者のための福祉・雇用問題を取り上げました。

 質問の骨子は、①ハートプラス・マーク及び内部障害者の実情に対する大臣認識 ②内部障害者の実態調査の必要性 ③福祉用具(補装具)対象の拡大 ④内部障害者の労働環境を整備する行政の周知啓発策 ⑤内部障害者に着目した職業能力の開発 ⑥雇用促進のための雇用率算定の拡充等 の6点。何れも新たな施策展開を約す前向きの答弁を引き出しました。



【高次脳機能障害(脳外傷)者対策について】

 5年のモデル事業の成果を全国に展開する「高次脳機能障害者支援普及事業」が本年度から実施される事を踏まえて、以下の点を厚生労働大臣及び当局に質しました。

 ①川崎厚生労働大臣の「高次脳機能障害に対する認識及び施策の重要性」について ②支援自立法と同時並行的に実施される「支援普及事業」の的確な実施と実効性の担保 ③患者・家族の皆さんが不安・懸念している「障害程度区分と支援サービス決定」について、高次脳機能障害を十分考慮した行政の対応 の三点。いずれも、同障害が社会にまだまだ認知されていない現状を十分勘案して、施策の展開を図る旨の回答がありました。






関連記事

  1. 中小企業対策の更なる拡充を!

  2. 衆議院農林水産委員会で質問

  3. わが国の水産業の再生を!

  4. 衆院代表質問(要旨) 2010年6月14日

  5. 子育て、介護 充実へ ~衆議院本会議で代表質問

  6. 衆院予算委での質疑(要旨)