中小企業対策の更なる拡充を!

 2月27日、衆院経済産業委員会の「大臣所信に対する質疑」で質問に立ちました。質問時間が15分と短いこともあって、私は中小企業対策に絞って更なる拡充を訴えました。


 私は先ず、最近の景気動向に触れ「景気は回復への歩みを始めたが、地方経済・中小企業は依然として厳しい」として、中川経済産業大臣に更なる手厚い中小企業対策の実施を求めました。
また具体的な施策として、①金融セーフティーネットの効果と不動産担保・個人保証によらない融資制度の促進 ②「中小企業再生協議会」など実効性ある再生システムの運用 ③「新創業融資制度」など創業資金の調達支援策の拡充 ④事業承継税制の拡充と相続税制の見直し の四点について政府の方針を質しました。


 中小企業は日本経済を支える大きな柱、中小企業の活性化なくして日本経済の再生はありえません。引き続き、中小企業の皆さんが事業意欲を持てるような国の施策を立案してまいる決意です。(2月27日)



関連記事

  1. 衆議院本会議で代表質問

  2. 衆院本会議代表質問(要旨) 平成23年1月27日

  3. 党を代表して衆院予算委員会で質問

  4. 「産業再生機構」法案の審議始まる

  5. 質問に対する菅首相の答弁要旨 衆院本会議代表質問

  6. 経済産業委員会でJISマーク制度などを質疑