東京で国政報告会を開催

2010_1019.jpg

 10月19日(火)夜、東京都内で国政報告会を開催し、現在の国政状況や公明党の取り組みなどを報告しました。ゲストとして西田実仁、竹谷とし子の両参議院議員も出席して挨拶しました。国政報告の後、参加された方々と懇談・意見交換を行いました。

 国政報告では、7月に行われた参院選支援に対する感謝を述べるとともに、現在の国会の状況について報告。国民との契約であるはずのマニフェストをめぐり、今なお迷走を続ける民主党政権を厳しく糾弾するとともに、急務を要する米価下落問題や経済対策・雇用対策に対する菅政権の対応の鈍さを指摘。9月2日に発表した公明党の「円高対策・デフレ脱却に向けた緊急経済対策」や10月7日に私が行った衆院本会議・代表質問の内容などを紹介しつつ、公明党の取り組みを報告しました。その上で、公明党こそが国会議員・地方議員の「チーム力」で現場の声を政策に具体化できると訴えました。
 西田まこと、竹谷とし子両参議院議員は、7月の参院選支援に対する御礼を述べるとともに、自らの専門分野を活かして「景気・経済問題」「中小企業対策」(西田)、「財政再建」「ODA改革」(竹谷)等に取り組みたいとの抱負を述べました。



関連記事

  1. 中国の楊外交部長(外相)と会談

  2. 福島で経済団体と意見交換

  3. 第178臨時国会閉幕/両院議員総会を開催

  4. 岩手県・八幡平市で要望・視察・懇談会

  5. 高層住宅管理業協会の賀詞交歓会に出席

  6. 仙台と東京で国政報告会を開催