近隣企業交流会「榴岡の会」を開催

2010_0924_1.jpg

 9月27日(月)夜、地元事務所の近隣企業との交流会「榴岡(つつじがおか)の会」を開催しました。会では、現在の国政状況や私の取り組みなどを報告し、参加された方々と懇談・意見交換を行いました。公明党からは、庄子賢一(=宮城県議会議員)、笠原哲、嶋中貴志(=両仙台市議会議員)も参加しました。また交流会に先立ち、会のメンバーと共に仙台市地下鉄東西線・仮称「新寺駅」の工事の進捗状況を見学しました。これには、仙台市交通局東西線建設本部の斎藤文伸本部長らも同席しました。

 交流会で私は、7月に行われた参院選支援に対する感謝の意を述べると共に、国政の現状について報告。政府としての考え方や方向性を明確にしない菅内閣を厳しく糾弾。デフレ脱却が日本経済の一番の課題であり、デフレ脱却に向けた中長期の政策を踏まえ、需要政策を実行するべきであると述べました。最後に東北の地域課題の解決や活性化といった皆様の期待にお応えしていく決意を述べました。

 地下鉄工事見学会では、工事概要、施行順序、工法などの説明を伺い、地下に入り実際に進捗状況を確認しました。

2010_0924_2.jpg

2010_0924_3.jpg



関連記事

  1. 仙台卸売市場「初せり式」に参加

  2. 政府与党連絡会議に出席

  3. 復興債 25年償還で合意 3党幹事長会談

  4. 「円滑な価格転嫁実現を」税制改正で日商と意見交換

  5. 行政書士会と懇談

  6. 地元・仙台で国政報告会を開催