佐藤茂樹衆院議員の励ます会に出席

20100419.jpg

 4月19日(月)夜、大阪市内で開催された公明党の佐藤茂樹衆院議員(党府本部代表)後援会主催の励ます会に出席し、挨拶をしました。これには、石川ひろたか青年局次長(参院選予定候補=大阪選挙区)も参加しました。

 私は、世論調査で鳩山内閣の支持率が3割を切り“危険水域”に入ったことに触れ、「失望内閣と言わざるを得ない。安全保障や外交・経済など、このままではわが国はどうなるのか強い危機感を持っている」と指摘。その上で、「今夏の参院選は、日本の将来を決する重要な選挙。公明党としても命運をかけた戦いとなる」と力説し、絶大な支援を呼び掛けました。

 佐藤氏は、「鳩山政権では政治とカネの問題など“古い政治”を変えることはできない。政策も前政権を模倣しているにすぎない」と批判。石川氏は、「厳しい経済・雇用状況だが、私が生まれ育った大阪を何としても元気にしたい」と若さいっぱいに訴えました。



関連記事

  1. 仙台で新年の事務所開き

  2. 東京で国政報告会を開催

  3. 方面責任者会議の初会合を開催

  4. 河北―桃生津山が開通、開通式と祝賀式典に参加(07.06.09)

  5. 公明党-創価学会が連絡協議会

  6. 後期高齢者医療制度について意見交換―医療制度委員会―