党青森県本部の政経懇話会に出席

2010_0318_1.jpg
2010_0318_2.jpg

 4月18日(日)午後、山口代表と共に青森市内で開かれた党青森県本部(伊吹信一代表=県議)の政経懇話会に出席し、参加者に参院選勝利への絶大なご支援をお願いしました。

 懇話会で山口代表は、鳩山内閣の支持率が20%台の〝危険水域〟にまで落ち込んだ原因として、「政治とカネ」の問題や、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐる迷走を挙げ、「これらの課題で何一つ政権担当能力を示すことができず、機能不全に陥っているのが今の政権の姿だ」と指摘。さらに、ガソリン税等の暫定税率維持などのマニフェスト違反に言及し、「まさに失望内閣であるとともに、〝裏切り〟内閣と言わざるを得ない」と厳しく批判しました。その上で、自民、民主の二大政党以外の「第三の政治勢力」を標榜する各政党について、「国民の本当のニーズ(要望)をくみ取れる力があるか、実行できる力があるかが問われる」と指摘し、「地方に足場を持つ公明党の存在こそ、今の日本の政治には重要だ」と力説しました。

 私は、公明党の粘り強い推進で今年度予算の予備費を活用し、「学校耐震化工事の前倒し執行が決定」したことを紹介。また、鳩山政権が大幅に減らした女性がん対策予算に対し、公明党地方議員の並々ならぬ努力で自治体の96%で事業が継続された実態調査を報告。「命を守る政治を事実の上で推進しているのは、公明党ではないか」と訴えました。

 青森の政経懇話会に先立って、18日午前は市議選告示となった岩手県八幡平市を訪問。同市西根町で党公認候補の応援演説を行い、地方議会でなくてはならない公明党への絶大な支援を訴えました。



関連記事

  1. 山形県での「農政シンポジウム」に出席

  2. 第9回公明党全国大会を開催

  3. 政府・与党連絡会議

  4. 党青森県本部「夏季議員研修会」に出席

  5. 地元・仙台で国政報告会を開催

  6. 村井宮城県知事と懇談