両院議員総会を開催


 衆院総選挙を受けた第172回特別国会が9月16日に召集されました。会期は19日までの4日間。同日午後の衆参両院の本会議で首相指名選挙が行われ、民主党の鳩山由紀夫代表が首相に指名されました。

 衆院本会議に先立ち、公明党は国会内で衆参両院議員総会を開催、国会論戦で公明党の持ち味を存分に発揮していくこと等を確認しました。




 両院議員総会で山口代表は、「両院、結束して頑張る先頭に立って走っていく。新しい国会は、野党の公明党としてスタートする。新しい出発に意識をはっきり切り替えて前進していきたい」と決意を表明。さらに「われわれの出発点は、明年の参院選で勝利することだ。党の再建をめざし、国会という戦場で頑張ろうではないか」と力強く呼び掛けました。   

その上で、かつて野党時代に先輩議員から「国会議員は、野党であれば国会質問が命。二晩三晩、徹夜するくらいの気迫、集中力を持って論戦に挑むべきだ」と薫陶を受けたことを紹介。「これからは国会での論戦、政策についての論戦が主たる場になる。10年間の連立与党での蓄積を生かし、公明党本来の持ち味のある政策分野は、特に議論を深め、広げ、(公明)カラーが有権者に届くよう鮮明にしていきたい」と強調しました。また、今後の公明党の役割について、「(与党、野党の立場で)いろいろな経験をした人が、衆院、参院にいることが公明党の一つの財産だ。野党・公明党の国会議員が地域の皆さん、地方議員の皆さんと連携し、新たな力をつくり出していく使命がある」と述べた。



 私は「大きなうねりの中、小選挙区の(公明)候補者に(1票を)投じていただいた有権者の皆さん、比例区全国805万人の期待をしっかりと命に刻み、(衆参公明党議員)42人が一つになって新しい党構築のために全力で闘っていきたい」と決意を表明。

 また「与党10年で公明党が推進してきた政策を検証するチームを党内につくり、(『新しい公明党』の基軸となる)政策の実現に向けて党内のコンセンサスをつくっていきたい」と述べました。



 白浜参院会長は「現場で起こっている問題を国会で取り上げる生活現場主義が公明党の出発点。どこまでも国民生活を守り抜くという基本理念で闘う」と強調。



 漆原国対委員長は「(新政権が掲げる)政策には不明瞭、不十分な点や矛盾点がいっぱいある。国会で徹底して追及していく」と決意を表明。斉藤政調会長は「(国会論戦での)攻めの“武器”は政策しかない。一致団結して頑張っていく」と述べました。






関連記事

  1. 政府が公明党の申し入れを反映することを決定

  2. 東京で国政報告会を開催

  3. 平成17年仙台市中央卸売市場「初せり式」に参加

  4. 山口日商会頭らと意見交換

  5. 社会保険労務士会の全国大会懇親会に出席

  6. 「財政・経済一体改革会議」実務者協議会の初会合に出席