就任挨拶で各党を表敬訪問


 9月9日(水)午前、公明党新執行部は、自民、民主、共産、社民、国民新の各党を表敬訪問し、就任の挨拶を行ないました。表敬訪問には、山口新代表と私のほか、漆原良夫国会対策委員長、斉藤鉄夫政務調査会長も同行しました。



 自民党の細田博之幹事長ら執行部との会談では、「新体制で党の再建に全力を尽くしていきたい」と挨拶。自民党側は、祝意を述べた上で、今後の国会対応について「協力すべきところは協力しよう」と提案。これに公明党側も賛意を示しました。

 民主党執行部との会談では、鳩山由紀夫代表から「協力できるところ、一致できるところは協力を願いたい」と要請があり、公明党は「我が党の主張と方向性と同じで、国民の理解を得られることについては、協力はやぶさかではない」と応じました。社民党の福島瑞穂党首との間では、衆院比例代表の重要性などについて意見を交わしました。






関連記事

  1. 「被災地の伝統を守れ」雄勝硯再興で意見交換

  2. 仙台で新年事務所開きを開催

  3. 公明党新潟県本部の議員総会に出席

  4. 石井富山県知事が表敬

  5. JA全中と意見交換

  6. 仙台市で「風間ひさしを励ます県民の集い」