「榴岡の会」を開催


 7月6日(月)夜、「榴岡の会」を開催し、地元・仙台事務所の近隣の企業の方々との懇談・意見交換を行ないました。私は、国会での活動や今後の政局の動向を報告すると共に、来るべき衆院総選挙の見通しについて講演しました。公明党からは、庄子賢一宮城県会議員、嶋中貴志仙台市議会議員が参加しました。



 私は、政府・与党の新経済対策の概要を説明。生活者安心を配慮して「子育て応援特別手当」「住宅ローン減税」や雇用における対策として「雇用調整助成金の拡充」、また経済対策だけでなく環境を配慮して低炭素社会推進策として「エコカー普及促進策」と省エネ家電などの「エコポイント策」、中小企業支援の「セーフティネット貸付策」などを紹介。「経済危機の闇を抜けた時、新しい日本がスタートしているようにしたい」として、環境や農業など“グリーン”分野の投資促進や社会保障と教育の充実など、公明党らしい政策に積極的に取り組んでいきたいとの抱負を述べました。

 最後に、衆議院総選挙には、東北の社会資本整備と地域の活性化を促進するためにも、さらなるご支援をお願いし、決意を述べました。






関連記事

  1. 「原発事故の教訓を共有」チェルノブイリ関係者と懇談

  2. 公明党新潟県本部の議員総会に出席

  3. 日税連、公認会計士協会の賀詞交歓会に出席

  4. 政府・与党協議会で喫緊課題について意見交換

  5. 東京で今年初めての国政報告会を開催

  6. 党首会談「信問う」確認を 3党幹事長会談