ロシア ミロノフ上院議長が表敬


 1月15日(木)朝、都内で行われたロシア連邦院(上院)のセルゲイ・ミハイロヴィチ・ミロノフ議長との表敬懇談会に出席しました。公明党からは、太田昭宏代表と私のほか、赤羽一嘉国際委員長(衆院議員)、風間昶、松あきらの両参院議員が出席しました。



 太田代表は、ミロノフ議長とともに2006年11月の訪ロ以来となる再会を喜び合い、「世界的な金融、経済の危機が襲っているが、日本とロシアのさらなる友好関係を強化したい」と述べました。これに対しミロノフ議長は、公明党の日ロ関係への取り組みや自らが党首を務める「公正なロシア」との交流に謝意を表明、「今後も公明党の建設的な協力に期待したい」と述べました。



 また、太田代表は「青年や文化交流をはじめ、議員や政党、首脳間と幾重にも交流を重ねる時だ」との考えを述べたのに対し、ミロノフ議長はこれに理解を示した上で、「人道分野の交流も活発にしたい」と答えました。



 さらに、世界的な金融危機による実体経済の悪化に対して太田代表は、「世界で協調して、金融や財政などの政策を総動員することが大事」との認識を示しました。

 ミロノフ議長も、ロシア国内での影響を踏まえ、「政府が積極的に景気対策を打っている。議員は党派を超えて政府を支持している」と同意を示しました。






関連記事

  1. 党福島県本部夏季議員研修会に参加

  2. 社会保険労務士会役員と意見交換

  3. 新唐桑トンネルの貫通式に出席

  4. 仙台で国政報告会を開催

  5. 地元・仙台で近隣企業交流会「榴岡の会」を開催

  6. 日本住宅建設産業協会年賀会に出席