新年・事務所開き


 1月9日(水)夕方、2009年度の新年事務所開きを行いました。事務所開きには、多数の後援会や支持者の方々に出席をいただき、和やかなうちにも決意新たな2009年の出発ができました。



 挨拶の中で私は、昨年末の国政報告と予算編成や税制改正の現場の模様を紹介や1月5日からはじまりました通常国会において、私が党の代表質問したことを報告。「日本の経済状況が実態経済まで及び、厳しい状況であるが、体を張って中小企業を守っていく。」「政局優先ではなく、国民の目線にあった政治をしていかなくてはいけない。」「どんなに批判されようと国民のためになる政治を行っていく。」「日本銀行からの資金供給を明確し、根詰まりを起こさない経済状況にしていかなくてはいけない」等、本年の抱負を述べました。

 挨拶の後、参加されたおひとりお一人と賀詞の交歓をさせていただき、新年の出発をすることが出来ました。






関連記事

  1. ロシア ミロノフ上院議長が表敬

  2. ロシア・ドボルコヴィッチ大統領補佐官と懇談

  3. 宮城県登米市で視察と意見交換を実施

  4. 第36回全国県代表協議会を開催

  5. 全浄連の会合に出席

  6. 定数削減・衆院選挙制度改革 3党幹事長会談