介護老人福祉施設の敬老会に参加


 9月15日(敬老の日)、介護老人福祉施設「かむりの里」で開かれた敬老会に出席し、挨拶をすると共に入所されている方々と歓談しました。これには、笠原哲、嶋中貴志の二人の仙台市議会議員も出席しました。

 

 挨拶では、入所しているお一人おひとりの健康・長寿を願うとともに施設で献身的に働く職員の皆様のご労苦に感謝の意を表明。課題となっている介護労働者の待遇改善等について、「介護士等の待遇及び労働条件を大きく改善することで、介護労働者の雇用拡大を図っていきたい」また「介護施設における民間と社会福祉法人の補助金格差を是正すると同時に、社会福祉法人の施設に対する補助金の増額等の要望にも全力で応えていきたい」と述べました。

 更に、前回老人福祉施設を視察した際、「女性の介護職員が結婚・出産しても働き続けられる労働環境の整備」や「介護施設を建設する際、一律の設備基準ではなく地域に合った弾力的対応の必要性」、「ケアマネジャーの裁量と事務量の軽減」、「介護予防の啓発活動に対する支援」などの要望があったことを紹介。施設入所者が高齢化・重症化する一方で、介護に携わる人の報酬が、実労働の困難さと大きな落差があることを指摘、今後の「介護報酬改定」を見据えて適切な対処が必要だとの考えを述べました。






関連記事

  1. 岩手県・宮古市「国政報告会」に出席

  2. 「経済再生に総力を」政府・与党協議会

  3. 仙台で新年事務所開きを開催

  4. 鳥インフルエンザの現況を聴取

  5. 山口日商会頭らと意見交換

  6. 与野党幹事長会談に出席