リアス・ハイウェイ女性の集いに出席


 8月30日(土)、気仙沼で開催された三陸自動車道の整備促進を求める「気仙沼・本吉地方リアス・ハイウェイ女性の集い」に出席し、挨拶をしました。



 席上私は、このリアス・ハイウェイ女性の集いの方々の要望を受けて、冬柴鐵三前国土交通相が気仙沼地方を視察した事に触れ、「1回目はヘリコプターで来たが、道路の必要性を認識するためにも是非、車で来てもらいたいと要望したところ、2度目の視察の際は仙台から陸路で気仙沼に入った。そして『気仙沼のような重要な漁港を抱えていながら、道路が十分に整備されてないのはおかしい』『仙台から気仙沼への道路整備の促進を考えなくてはならない』との認識をもっていただいた。大臣の認識を変えた原動力は、地元女性の方々の切実な思いと声であった」と、女性の集いの有為性を述べました。

 また道路特定財源に関連して、「一般財源化される方向で議論が進んでいるが、真に必要な道路は整備すべきであり、地方の切実な要望を国政に反映させ、三陸道の整備促進に全力を上げたい」旨の決意を披瀝しました。
















関連記事

  1. 地上デジタル放送受信障害で合同会議

  2. 両院議員総会でのあいさつ(要旨)

  3. 仙台で国政報告会を開催

  4. 青森県下北で懇談会

  5. 高層住宅管理業協会・新年賀詞交歓会に出席

  6. 高層住宅管理業協会の賀詞交歓会に出席