仙台市泉区で総決起大会に出席


 3月11日(日)夜、仙台市泉区で開かれた 伊藤かずひろ党泉総支部副総支部長(県会選予定候補=泉区)の後援会総決起大会に出席しました。



 挨拶に立った私は「政党の命は、『何を言ったか』よりも『何を実現したか』が重要である」と強調した上で、公明党の国・地方議員の長年にわたる推進の結果、高額医療費の窓口払いが今年4月から自己負担分だけで済むようになることを紹介。「公明党にはチームワークがあり、市、県、国のネットワークがある。強固な連携で生活者の要望を実現していくのが公明党だ」と力説し、公明党への絶大な支援を呼び掛けました。






関連記事

  1. 「賠償の新基準に懸念」復興庁・関係省庁からヒアリング

  2. 党沖縄県本部賀詞交歓会に出席

  3. 北東北3県知事と意見交換会

  4. 井上義久太白後援会「新年会」に出席

  5. 「合併浄化槽の普及を」全浄連会合会合に出席

  6. 社会保険労務士会の全国大会懇親会に出席