第二期公明党の力強い活動を!―党福島県本部大会―


10月22日午後、郡山市内で行われた公明党福島県本部大会に出席しました。県本部大会では、甚野源次郎県代表が再任され、明年の重点政策や活動方針が討議されました。



 党幹部として挨拶に立った私は、①連立政権に参画して7年、野党時代とは比べものにならないほど数多くの実績をつくる事が出来た ②この間、政治安定と共に自民党との信頼関係も醸成され、危機に瀕した日本経済を回復させる改革を断行できた ③連立第二期の課題は、自公の信頼関係に上に、いかに公明党らしい主張と政策実現ができるかにある ④いま大切な事は、公明党の立党の原点を党組織にみなぎらせ、現場第一主義に透徹していく事ではないか ⑤明年の統一地方選挙・参議院議員選挙は、新生公明党の真価が問われる戦い、全員勝利を目指していこう 等を主張しました。






関連記事

  1. 「第十回全国亀の尾サミット仙台大会」に参加

  2. 第9回「安全保障法制整備に関する協議会」に出席

  3. 各種団体と政策要望懇談

  4. 県建設業青年会と意見交換

  5. 宮城県・阿武隈川丸森輪中堤竣工式に出席

  6. 岩手県奥州市、大船渡市 党岩手県本部主催の時局講演会に出席