陸上自衛隊東北方面隊の創隊46周年記念式典に参加


10月1日(日)、陸上自衛隊霞目駐屯地で開催された「東北方面隊の創隊46周年記念式典」に出席し、挨拶をしました。



冒頭、国を守る崇高な任務に従事する隊員の皆様やそれを支える家族・関係者の皆様のご労苦に深く敬意を表すると共に、今後益々の任務精励をお願いしました。

続いて、前日(9/30)行われた第6回公明党全国大会の模様を報告。「戦う人間主義」を掲げて新たな体制で出発した事、私も党副代表に就任し更に大きな立場で、皆様のために働いていく決意を述べました。

自衛隊のあり方については、国連の平和活動への参加や災害などに対する緊急人道支援、武力紛争後の復興支援など、今後もその役割が大きくなると言及。また、防衛庁の「省」移行については、防衛庁設置法等改正案の成立をめざす公明党の取り組みについて報告しました。






関連記事

  1. 仙台で国政報告会を開催

  2. 「原発事故の教訓を共有」チェルノブイリ関係者と懇談

  3. 「首相、解散時期で具体案」3党幹事長会談

  4. 党宮城県本部の賀詞交歓会で挨拶

  5. 社会福祉法人「杜の村夏祭り」に参加

  6. 衆院選挙制度改革を協議 与野党会談