東北女性議員研修会に参加


 8月4日(金)、岩手県盛岡市で開催された東北女性議員研修会に出席し、医療制度改革などについて講演をしました。これには、東北6県から32人の公明党女性議員が参加しました。



 講演で私は、急速な高齢化などで国民医療費が今後20年間で倍増することに触れ、「このままでは、国民が医療費負担に耐え切れなくなり、世界に誇る日本の医療保険制度が瓦解してしまう」と指摘。その上で、今回の医療制度改革について、「将来にわたり持続可能な制度にすることが目的」と強調。生活習慣病予防や入院期間の短縮などの医療費抑制対策のほか、高齢者の医療費負担の見直しなどが盛り込まれたことを報告しました。このほか、公明党の主張で、低所得者の自己負担限度額の据え置き、乳幼児医療費の窓口負担軽減の対象拡大、出産育児一時金の増額などが実現したことを紹介しました。






関連記事

  1. 木村稔全漁連副会長との対談

  2. 岩手県釜石市を視察、宮古市で時局講演会

  3. 大衆投資家党に配慮必要 ―税調拡大幹事会―

  4. 後期高齢者医療制度について意見交換―医療制度委員会―

  5. 与党税制改正大綱が決定

  6. (社)高層住宅管理業協会「懇親会」に出席