宮城県仙台市・岩沼市の支部会に出席











支部会に出席し、挨拶をしました(写真:岩沼支部)

 3月8日(水)夜、宮城県仙台市で開かれた党若林支部(菊地昭一支部長=市議)と同県岩沼市の党岩沼支部(長田忠広支部長=同)の支部会に相次いで出席、国政報告を行うとともに党勢拡大に奮闘する党員・支持者に感謝の意を表しました。



 この中で私は、来年(2007年)度予算案について、児童手当の支給対象年齢拡大など公明党がマニフェスト(政策綱領)で掲げた政策が数多く盛り込まれたことを紹介。「今後も生活者の“思い”を実現するため、全力で頑張る」と力説しました。



 また、ライブドアをめぐる送金指示メール問題で政治不信を増大させた民主党の永田寿康衆院議員の責任を厳しく糾弾。「国会議員として自ら出処進退を決めるべきであり、辞職すべきだ」と強調しました。






関連記事

  1. 「脱デフレは賃上げがカギ」政府・与党連絡会議に出席

  2. 名取川河川改修事業の起工式に出席

  3. 東北女性議員研修会に参加

  4. 雇用の安全網を強固に ―政府・与党連絡会議―

  5. 「公明が核廃絶進める」党合同会議に出席

  6. 太白後援会に出席