党宮城県本部主催の新春政経セミナーに出席











風間ひさし氏(写真左)

各種団体懇談会

 2月13日夜、仙台市内で開かれた党宮城県本部の新春政経セミナーに出席しました。


 これには神崎武法代表、風間ひさし参議院議員(参院選予定候補=比例区)、が出席、来賓として浅野史郎宮城県知事、藤井黎仙台市長が祝辞を述べました。
 神崎代表はあいさつの中で、経済問題やイラクへの復興支援、北朝鮮問題などについて述べ、特に国内の経済状況について「大企業と中小零細企業」「中央と地方」など、景気回復に二分化がみられる現状をについて「バランスの取れた景気回復に全力を挙げる」と述べした。
 私からは、今年最大の政治決戦である参院選において、公明党は、選挙区の完全勝利と比例区1000万票獲得をめざしており、東北の重要支援候補である風間ひさし氏を紹介し、支援を訴えました。


 また、同セミナー前に行われた各種団体との懇談会では、農業問題や規制の緩和、地域経済活性化などついて、要請・陳情を受け意見交換を行いました。(2月13日)



関連記事

  1. 公明党購読推進委員会

  2. 南東北三県合同の夏季議員研修会に参加

  3. 地元榴岡企業朝会

  4. 公明党農林水産部会が農水省から説明

  5. 党宮城県本部主催の新春賀詞交歓会に出席

  6. (社)日本臨床看護家政協会「新年会」に出席