岩手県花泉町・沢内村・衣川村で公明フォーラムを開催

 5月30日(日)、岩手県の花泉町、沢内村、衣川村の3ヵ所で行われた公明フォーラムに小野寺好県代表(県会議員)と共に出席しました。


 フォーラムの中で私は、終盤国会最大の焦点である年金改革関連法案について、厚生年金の給付水準を現役世代の平均収入の「50%以上」と法律に明記し、保険料にも”歯止め”をかけるなど、「年金は老後の大きな柱。生活与党の立場から法案の成立に全力を挙げたい」と強調しました。
 また、介護問題については、「介護を受けなくてもよいような元気で活力ある老後を」と風間ひさし参議院議員が中心となり推進している公明党の「介護予防10ヵ年戦略」を紹介。
7月に行われる参議院選挙については、「安定した政権・公明党の政策実現力が期待されている」として東北の重点支援候補者である風間ひさし氏への絶大な支援を訴えました。(5月30日) 



関連記事

  1. 雇用の安全網を強固に ―政府・与党連絡会議―

  2. 米金融危機に迅速対応を―与党プロジェクトチームを発足、初会合―

  3. 「がれき広域処理を推進」党チームが初会合

  4. 地元仙台で新年事務所開き

  5. 宮城県登米市で視察と意見交換を実施

  6. TPP 国民的な議論が必要 JA全中会長らと意見交換