「広島土砂災害、救援に全力」政府・与党協議会

2014_0826.jpg

ガソリン、食品高騰に対応も

8月26日(火)、政府と自民、公明の与党両党は国会内で協議会を開き、当面する政治課題について議論しました。

席上私は、広島市北部で発生した大規模土砂災害について、「被災者、不明者に対する救援、救出に全力を挙げ、被害に遭われた方の生活再建、生活支援に総力を尽くすべきだ」と強調。

また、大規模災害に備えて、住民への危険周知や避難態勢の整備を促進するための土砂災害防止法に触れ、同法に基づく「警戒区域」の指定などが十分に進んでいない現状を踏まえ、「今回、しっかり検証し、改正すべきところは改正していくべきだ」との考えを示しました。

さらに、2014年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値が、年率換算で6.8%減となったことに言及。4月の消費増税に伴う駆け込み需要の反動減などにより個人消費が伸び悩んでいることから、政府に対して、「ガソリンや、異常気象による野菜など食料品の(価格)高騰が影響している。しっかりと経済対策で対処してもらいたい」と要請しました。

これに対して、菅義偉官房長官は、広島の土砂災害について、「政府として全力で被災者の救援をしていきたい」と強調。また、経済の活性化に向けて「地方創生に全力で頑張っていく」と説明しました。



関連記事

  1. 党福井県本部の党員大会に出席

  2. 「特例公債 歳出見直しが前提」3党幹事長会談

  3. 古川東バイパスの起工式に出席

  4. 第9回公明党全国大会を開催

  5. JA埼玉県中央会と意見交換

  6. 長沼ダムの定礎式に参加