公明党宮城県本部大会・青森県本部大会に出席

 10月31日の公明党全国大会をうけて開催された宮城県本部大会(11月14日午後・仙台市内)及び、青森県本部大会(同日夜・青森市内)に党幹部として出席しました。


 挨拶に立った私はまず、日頃からご支援ご協力を頂いている党員、支持者の皆様に御礼を述べると共に、北側前政調会長(現・国土交通大臣)の後を受け、政務調査会長に就任した旨を報告。「日本政治は「2プラス1政党」の時代になりつつある。与党の一翼として政治に責任を持つと同時に、第3党として公明党らしい庶民の目線に立った政策実現を目指していきたい」と決意を話しました。


大会では、①次期衆院選東北比例区での二議席獲得 ②地方主権の確立と行財政改革の推進 ③介護・子育て支援や健康対策の強化 -など重点政策を決めました。



関連記事

  1. 地域活性化へ向け、精力的に視察とフォーラムを実施

  2. 地元・仙台で近隣企業交流会「榴岡の会」を開催

  3. 国会延長せず、きょう閉会/3党幹事長会談

  4. 党宮城県本部の国政報告会に出席

  5. 生活者本位の政治に転換を協議 ― 政府・与党連絡会議 ―

  6. 「国会審議の再開を確認」3党幹事長会談