「経済再生に総力を」政府・与党協議会

2014_0519.jpg

社会保障、地域活性化も
政府・与党協

5月19日(月)昼、政府と自民、公明の与党両党は国会内で協議会を開きました。

席上、私は「(今国会は)『好循環実現』の国会として出発した。国民の期待は経済(再生)にあるので、しっかり取り組んでいきたい」と強調。「骨太の方針」の策定や、社会保障の拡充、地方の活性化対策について、政府・与党で取り組むべきだと指摘しました。

集団的自衛権をめぐる憲法解釈など安全保障に関する与党協議については、「国民的コンセンサス(合意)を得るように頑張っていきたい」と述べました。

一方、衆院選挙制度改革に関して自公両党は、衆院議院運営委員会の下に第三者機関の設置をめざし、20日に与野党の国会対策委員長会談を開いて協議する方針を確認しました。



関連記事

  1. 名古屋市での「国政報告会」に出席

  2. 党岩手県本部の「新春政経懇話会」に出席

  3. 公明党税制調査会が始動

  4. 暁流仙台支部のチャリティー公演で挨拶

  5. 「農政見直し 十分に説明を」政府・与党協

  6. 南東北三県合同の夏季議員研修会に参加