党長野県本部主催の賀詞交歓会に出席

2014_0118.jpg

中小企業、地方を元気に
国民のニーズ実現を力説


1月18日(土)、長野市内で行われた党長野県本部(太田昌孝代表=県議)の賀詞交歓会に出席し、挨拶をしました。これには、公明党から漆原良夫国会対策委員長、長沢広明、平木大作両参院議員をはじめ、阿部守一知事ら多数の来賓が参加しました。

席上私は、自公連立政権が経済再生を最優先課題として取り組み、景気が回復しつつあることを強調。その上で「これから家計の可処分所得(手取り収入)が上がり生活に余裕が出て、中小企業、地方が元気になってこそアベノミクスが成功したと言える。今年が正念場であり、しっかり取り組んでいく」と述べました。

また11月に結党50周年を迎える公明党の足跡について「国民のニーズをしっかりつかみ、実現のために努力してきた」と力説。「さまざまな課題に対し、公明党はネットワークを通し国民的合意をつくって前に進んでいく」と強調しました。



関連記事

  1. 公明党農林水産部会が農水省から説明

  2. 各団体の賀詞交歓会に出席

  3. 「がれき広域処理を推進」党チームが初会合

  4. チーム3000の力を結集―地方議員団会議、方面政策責任者会議を開催―

  5. 地元仙台で新年事務所開き

  6. 「安全保障法制整備に関する協議会」に出席