定数削減・衆院選挙制度改革 3党幹事長会談

2013_0329.jpg

各党に協議呼び掛けへ
衆院選挙制度改革 与党案を民主に説明
3党幹事長が会談


3月29日(金)、自民、公明の与党両党と、民主党の3党幹事長は国会内で会談し、与党側は定数削減を含む衆院選挙制度改革について、比例区の定数を30削減しつつ民意の反映にも配慮した与党案を民主党に説明。その上で、野党各党に対して選挙制度改革に関する協議を呼び掛けるため、来週中にも与野党幹事長会談を開催することを提案し、民主党も了解しました。

会談には、3党の衆院選挙制度改革に関する実務者も同席。公明党からは北側一雄政治改革本部長(副代表)が出席しました。

また、与党側は、小選挙区の「1票の格差」の違憲状態の解消に向け、政府が提出する「0増5減」の区割り改定法案について、「国会で粛々と議論してもらいたい。早く違憲状態を解消することが必要だ」と早期成立に協力を求めたが、民主党は応じませんでした。



関連記事

  1. 党青森県本部主催の政経懇話会に出席

  2. 記者会見で一体改革法案について見解

  3. 党京都府本部主催の「結党50周年党員大会」に出席

  4. 公明党税制調査会幹事会

  5. 青森県下北で懇談会

  6. 「被後見人の選挙権回復を」自民・公明両党協議会