「復興加速へ政府に要望」政府・与党協議会

2013_0218.jpg

2月18日(月)、政府と自民、公明の与党両党は国会内で協議会を開きました。席上私は、東日本大震災の復興を加速させるため「権限を持った人が現場に行き、よく見て判断してもらいたい」と政府に要望。菅義偉官房長官はきちんと対応していく考えを示しました。

また、国会同意人事手続きのルール見直しについて、菅官房長官が「できるだけ早期にしてもらいたい」と与党側に要請。自民党の鴨下一郎国会対策委員長は「積極的に進める」と述べるとともに、公明党の漆原良夫国対委員長は「与野党国対委員長会談で速やかに決着できるようにしたい」と述べ、与野党間の調整を急ぐ考えを示しました。

衆院選挙制度改革に関して、民主党から自民、公明両党に幹事長会談の申し入れがあったことには、自民党の石破茂幹事長と私は共に受け入れる考えを示し、今週をめどに開催される方向となりました。

このほか菅官房長官は、2013年度予算案を「28日に提出したい」と述べた上で、今国会の政府提出法案については65本程度を予定しているとしました。

同協議会には、公明党から白浜一良参院会長、木庭健太郎参院幹事長、西田実仁参院国対委員長も出席しました。



関連記事

  1. 日本フードサービス協会から政策要望

  2. 伊藤かずひろ宮城県議の連合後援会決起大会に出席

  3. 第52回宮城県青年文化祭に出席

  4. 就任挨拶で各党を表敬訪問

  5. 「復興支援きめ細かく」党福島県本部主催・旗開きに出席

  6. 「東北夏季議員研修会」に参加