福島県郡山市で復興支援現地合同会議を開催

2012_0428.jpg

福島再生の具体化促進
馬場浪江町長と懇談


4月28日(土)、私が本部長を務める公明党東日本大震災対策本部は、福島県郡山市で党県本部(甚野源次郎代表=県議)所属の議員らと復興支援現地合同会議を開催しました。これには、渡辺孝男(福島復興支援会議座長)、荒木清寛、浜田昌良の各参院議員らが出席しました。

私は、震災復興に関して「これからは風評被害や(記憶の)風化との闘いだ」と強調。福島再生に総力を挙げて取り組むことをうたった「『公明党うつくしま復興宣言』の具体化に力を尽くす」と述べました。

会議では、福島復興再生特別措置法に基づき政府が取りまとめを進める「福島復興再生基本方針」と、これに対する党の緊急提言を踏まえ、出席議員と意見交換をしました。

合同会議後、私らは福島県浪江町の馬場有町長と避難先の二本松市にある町役場で懇談。小林均二本松市議、橋爪光雄浪江町議が同席しました。

席上、馬場町長は、福島復興再生特措法の成立や仮設住宅の風呂に追いだき機能がついたことなどについて「公明党に応援をいただき感謝している」と表明。その上で、町の復興に向けた要望書を手渡し「原発事故被害者の援護のための特別立法制定や医療費無料化などに対し、力強い支援をお願いしたい」と訴えました。

懇談後、私は「一日も早い復興に向けてしっかり取り組んでいく」と述べました。

その後、一行は町民が入居する仮設住宅を訪問。内部被ばく線量を調査するため町が導入したホールボディカウンターも視察しました。



関連記事

  1. 党宮城県本部大会に出席

  2. 連合から予算・政策について要請受ける

  3. 日本道路建設業協会懇談パーティーに出席

  4. 「復興の最前線で働く」宮城県内各地で公明党支援呼び掛け

  5. 来年度税制改正へ本格議論を始めた党税制調査会

  6. 政府・与党連絡会議