「燃油免税の恒久化を」全漁連集会に出席

2011_1109.jpg

 11月9日、都内で開かれた「漁業用軽油にかかる軽油引取税の免税措置の恒久化等を求める全国漁連代表者総決起集会」(主催・全国漁業協同組合連合会=全漁連)に出席し、挨拶をしました。

 軽油など漁業用燃油の免税措置が今年度で打ち切られることから、会合では同措置の恒久化などを求める決議が行われました。

 私は「国民の食を支える水産業を、これ以上衰退させては断じてならない」と強調。その上で、漁業のコストで燃料費の割合が高いことを述べ、「軽油引取税は本来、道路特定財源としてできた。減免するのは当たり前で、当然の権利だ」と力説し、「皆さまと一緒に決議の実現に向けて闘っていく」と訴えました。

 集会終了後、参加者は国会までデモ行進し、衆参両院の議員面会所前で請願を行いました。公明党から石田祝稔、富田茂之、竹内譲の各衆院議員、木庭健太郎、加藤修一、山本博司の各参院議員が応対しました。



関連記事

  1. 政府・与党連絡会議

  2. 秋田県(由利本荘市・にかほ市)で懇談

  3. 党宮城県本部主催の女性時局講演会に出席

  4. 宮城県登米市で視察と意見交換を実施

  5. 仙台で国政報告会を開催

  6. 議員率先で機関紙拡大―党機関紙購読推進委員会―