近隣企業交流会「榴岡の会」を開催

2011_1021_1.jpg
▲挨拶に立った庄子けんいち県議(写真左)

 10月21日(金)夜、地元事務所の近隣企業との交流会「榴岡(つつじがおか)の会」を開催しました。

 会では、現在の国会状況や震災復興における私の取り組みなどを報告し、参加された方々と懇談・意見交換を行いました。公明党からは、庄子けんいち県議会議員、嶋中貴志仙台市議会議員も参加しました。また交流会に先立ち、会のメンバーとともに7月にオープンした「仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール」を和やかに見学しました。

 挨拶の中で私は、閣議決定された今年度第3次補正予算案の概要には、公明党の主張が大幅に盛り込まれたことを強調しました。また、「復興特区」「復興庁」の両法案も今国会で実現したいと訴え、公明党が提案する「復興特区」のポイント―①強力な法人課税の特例措置②条例による“法律の上書き”③土地利用の手順一元化④特区ごとに国・地方の協議会を設置 等を説明しました。

 また、会に駆け付けた、庄子けんいち県議(県議選予定候補)を紹介し、絶大な支援を呼び掛けました。



関連記事

  1. 東京で国政報告会を開催

  2. 高層住宅管理業協会の賀詞交歓会に出席

  3. 政府が公明党の申し入れを反映することを決定

  4. 米金融危機に迅速対応を―与党プロジェクトチームを発足、初会合―

  5. 政府・与党連絡会議

  6. (社)日本建築ブロック・エクステリア工事業協会「賀詞交歓会」に出席