不動産関係団体合同懇親会に出席

2011_0614_1.jpg

復興へ政策総動員で

 6月14日(火)、都内で行われた全日本不動産協会(川口貢理事長)と不動産保証協会(同)の合同懇親会に出席し、挨拶をしました。

 挨拶で私は、東日本大震災の避難所生活者がいまだに多数いる問題に触れ、「復旧・復興の第一歩は住宅用地の確保から出発しなければならない」と述べ、両協会の役割の重要性を強調。また、現在の政治状況に関し、「事実上の政治空白が続いている。早く新しい体制を作り、与野党が協力して、あらゆる政策を総動員し、(震災を)乗り越えていきたい」と述べました。



関連記事

  1. 党農林水産部会で「コメの価格下落問題」について協議

  2. 党宮城県本部主催の新春賀詞交歓会に出席

  3. 党兵庫県本部「第1回政策提言コンクール発表大会」に出席

  4. 大規模津波防災訓練に参加

  5. 「デフレ脱却を力強く」連合と意見交換

  6. 労働者福祉中央協議会から要望