「衆議院総選挙」党員・支持者のご支援に感謝

 9月11日(日)、第44回衆議院総選挙が投・開票されました。
 公明党は、小選挙区の東京12区、神奈川6区、大阪3区、同5区、同6区、同16区、兵庫2区、同8区の8選挙区で激戦を突破。比例区では、900万票に迫る過去最高得票の898万票を獲得し23議席を確保しました。



 私が立候補した比例区東北ブロックでは、前回(平成13年)に55,000票余を上積みし、620,638票を獲得しましたが、ドント方式の議席配分のため念願の二議席確保はなりませんでした。最大の目標であっただけに、非常に残念です。


 「与党で過半数」を責任勝敗ラインに戦った自民・公明両党は、絶対安定多数(=各委員会で委員長を出して委員でも過半数を得ることが出来る269議席)を大きく上回る327議席を確保しました。民主党は177から大幅に議席を減らし113議席となり惨敗しました。


 今回の衆院選は、郵政民営化の是非を最大の争点に、改革「前進」の連立与党か、「停滞」の野党かが問われました。公明党は、郵政民営化を入り口に、子育て支援の強化や、徹底した税金のムダ遣い追放など、さらなる構造改革の前進を訴えて戦い抜き、大善戦の結果を得ました。


 公明党に一票を投じていただいた有権者の皆様、そして何よりも短期決戦の大変な選挙戦にもかかわらず、昼夜を分たぬ献身的なご支援をいただいた党員・支持者の皆さまに心から感謝を申し上げます。



関連記事

  1. 東北2議席を死守 ~秋田市内で講演会

  2. 岩手・北上市議選がスタート

  3. 被災地の4市議選がスタート

  4. 岩手県一関市議選挙が開始

  5. 福島・白河市議会選挙を応援

  6. 岩手県大船渡市議選がスタート