臨時国会閉幕。両院議員総会を開催

2010_1203.jpg

子宮頸がんワクチン助成 エコポイント継続で成果
「政治とカネ」再発防止が国会の使命

外交迷走、失言続き 民主の“自滅国会”に 問責閣僚、菅政権はけじめを


 12月3日(金)、第176臨時国会は64日間の会期を終え閉幕しました。公明党は3日午前、国会内で衆参両院議員総会を開き、席上挨拶をした、山口那津男代表と私は、相次いだ閣僚の失言をはじめ、菅直人首相が表明した「熟議の国会」とは程遠い国会運営などで政府・与党側の責任を厳しく指摘。その中で国会議員歳費を「月割り」から「日割り」にする改正歳費法を成立させるなど公明党の成果を強調し、「来年の統一地方選の完勝をめざし、一致団結していきたい」と訴えました。白浜一良参院会長、漆原良夫国会対策委員長も挨拶をしました。

 山口代表は今臨時国会について、菅直人首相が冒頭の所信で「熟議の国会」と表明したにもかかわらず、「結果として程遠い内容だ」と政府・与党の国会運営を批判。「極め付きは各閣僚の失言、暴言が相次いだことで『自滅国会』だったと言わざるを得ない」と苦言を呈しました。

 焦点となった2010年度補正予算については、「中身が公明党の主張とかなりかけ離れたものだった」と反対した理由を強調した上で、地方の財源を確保するため、予算関連の改正地方交付税法には「賛成して、現実的な対応を取った」と述べました。

 また、補正予算には公明党が主張してきた、子宮頸がん予防ワクチン接種の公費助成、エコポイントの継続などが盛り込まれたことに言及し、「中身に説得力、効果があれば政府・与党も受け入れざるを得ない」と力説。

 一方、政府・与党の“宿題”として、問責決議が可決した仙谷由人官房長官、馬淵澄夫国土交通相の両閣僚の責任問題と、「政治とカネ」の問題で、民主党・小沢一郎元代表の国会での説明責任が残っていると指摘。

 問責2閣僚については「政権に居座るのかどうか、本人自身の判断であると同時に、任命権者の首相の姿勢も問われる。けじめのない、責任を全く省みない対応であれば、毅然と対応したい」と述べたほか、「政治とカネ」の問題では「説明責任をきちんと果たし、再発防止策を作り上げるのが国会の使命だ」と強調しました。

 さらに、今後の課題として、衆参両院の選挙制度改革の必要性を力説しました。



関連記事

  1. ドクターヘリ全国配備へ・党の法案骨子を発表

  2. 党山形県本部夏季議員研修会に出席

  3. 衆院通過の二重ローン救済法案

  4. 都市農業振興で東村山市を視察

  5. 権哲賢 韓国大使と会談

  6. 与党シリアにおける邦人拘束事案対策本部の会合に出席