「経営安定化支援」等についてJRから要望

2010_1119_2.jpg

 11月19日(金)、参院議員会館でJR3島(北海道、四国、九州)とJR貨物の各社代表らと懇談し、経営の安定化などについて要望を受けました。

 このうちJR北海道の中島尚俊社長は、事業仕分けで国庫返納すべきと判断された鉄道建設・運輸施設整備支援機構の特例業務勘定の利益剰余金について「鉄道を安定的に運用するため、経営安定基金の積み増しなどに活用したい」とし、支援を求めました。

 私は「しっかり対応したい」と述べ、整備新幹線の財源などとして活用できるように取り組む考えを示しました。



関連記事

  1. 宮城・栗原市議選がスタート

  2. 「定数削減、成案を早く」3党幹事長・実務者会談

  3. 公明党税制調査会が始動

  4. 日本の舵取り 一翼担う ~党富山県本部の会合に出席

  5. 仙台・仙石線「JR苦竹駅」エレベーター設置の陳情

  6. 「女性リーダーの拡大を」末松副大臣から要請