党仙台青葉総支部大会に出席

2010_1117.jpg

 11月17日(水)、仙台市内で行われた仙台青葉総支部(石橋信勝総支部長=県議)の総支部大会に出席し、挨拶をしました。

 挨拶の中で私は、16日に衆院を通過した2010年度補正予算案について、「公明党は以前から(早期編成を)提案していたが、今まで何も行動しなかった民主党政権は、責任感もスピード感も国民生活に対する切迫感もない」と批判。さらに民主党は参院選で国民から不信任を突き付けられたとして「その結果に対して全く反省していない。公明党は、国民生活を守るために民主党政権と徹底して闘っていく」と訴えました。

 大会では、石橋総支部長と嶋中貴志、鎌田城行の両仙台市議が来春の統一地方選勝利へ力強く決意を述べました。



関連記事

  1. 地域発展に不可欠―整備新幹線について要請受ける―

  2. 人権、生命を守り抜く ~憲法記念日街説に出席

  3. 地元仙台で新年事務所開き

  4. 臨時国会が閉幕

  5. 山形県の酒田市議選が開始

  6. 中小企業支援を力強く ― 岡村正新会頭の就任式に出席 ―