日本フードサービス協会から政策要望

2010_1111.jpg

 11月12日(金)、山口那津男代表と共に、日本フードサービス協会(佐竹力總会長)から政策要望を受けました。

 協会側からは、生活必需品などに消費税の軽減税率を採用する国では、外食産業にかかる税率が高くなることや、日本のクレジットカード手数料が国際的に突出して高いことなどを説明。「過度の負担がかかれば消費者に転嫁せざるを得ない」とし、(1)消費税の軽減税率の不採用(2)クレジットカード手数料率の透明化(3)法人市町村民税均等割の見通し―などを求めました。

 これに対し、雇用や食料供給の面で外食産業が果たす役割の大きさに言及し、「しっかりと取り組んでいく」の考えを述べました。



関連記事

  1. 政府が公明党の申し入れを反映することを決定

  2. 盛岡・福島・仙台で新春街頭演説会

  3. 合併処理浄化槽の普及を後押し ~全浄連の会合に出席

  4. 地元仙台で新年事務所開き

  5. “東北元気アップビジョン”を発表

  6. 女川町の仮設住民の皆様と懇談