公明党福島県本部大会に出席

2010_1107.jpg

 11月7日(日)、福島県郡山市内で行われた党福島県本部(甚野源次郎代表=県議)の大会に出席し、挨拶をしました。

 挨拶の中で私は、沖縄県尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件のビデオ映像がインターネット上に流出した問題について「政府の法的秩序が壊れている。これでは国民からも信頼されないし、世界でも信用を失う」と厳しく批判しました。

 また、「地方議会がよりよく機能することが住民生活の向上につながる。公明党議員は地域と住民のための政策を積極的に提案し、必要であれば条例づくりに取り組んでいこう」と述べました。その上で「公明党は行政を厳しく監視するとともにリーダーシップを発揮して地方議会改革に全力で挑む」と力説。さらに、国民生活を守るために、来春の統一地方選に断じて勝利しようと力強く呼び掛けました。



関連記事

  1. 仙台市内で、時局講演会に出席

  2. 米金融危機に迅速対応を―与党プロジェクトチームを発足、初会合―

  3. 農家の不安 解消へ―各地のフォーラム踏まえ経営安定など7項目要望―

  4. 仙台・青年局街頭演説会

  5. 青森・むつ市、六ケ所村「原発に依存しない社会へ」党員懇談会に出席 

  6. 「改革骨格案を大筋了承」党合同会議に出席